セックスのあれこれ

風俗誌にもよく出てくる質問

女子高生風俗嬢を客
Q.体位って何?気持ちいい体位とは?
色々な体制でセックスをすること。挿入されたペニスを締め付けます。また正常位で腰を落とすような体勢をとりますと、クリトリスが突き出されて受ける刺激が増し、バックスタイルでは亀頭がGスポットを直撃することになりますから、女子も快感が得られます。女子がその快感にあわせて身をよじりますと、腔の締め付けはより激しくなって、男子は我慢できなくなり射精してしまうでしょう。女子の銘器とは、先天的な肉体の特長をいうのではなく、意識して括約筋を鍛え、腰使いのテクニックと併用できる女子のことになりますね。

潮吹きって何ですか

Q.女子はエクスタシーを迎えると、男子の射精のように潮吹きという現象が起きると聞きました。あまり聞かないことなのですが、本当にそんな現象が起きるのですか?起きるとしたら、何が吹き出るのですか?
A.そのようにいわれている現象は、度々起きると記録にはありますが、それが何なのかは、まだはっきりしていません。ペニスによって勝脱が刺激を受け、尿が漏れたのかもしれません。Gスポットが刺激を受けて、粘液が溢れ出る様子をおもしろおかしく、官能小説家が表現したのかも知れません。ペニスを受け入れやすくするために、愛液が溢れ出てきますが、肉体生理学的には、それを貯蔵しておく器官はありませんので、刺激によって飛び出すことはあり得ないのです。
腔の中は、

処女膜の役割

Q.自分はまだ女子とセックスの体験がありません。その時のために、いろいろなマニュアルを読んで準備しているのですが、未経験の女子には処女膜があると書いてありました。でもその位置や、膜の厚さや、どうやって破れば良いのかなどについては、どこにも書かれていません。教えて下さい。
A.処女膜は、摩の入り口を塞ぐような形で付いています。栓のように完全に塞ぐのではなく、小指の先程の穴が開いています。生理の血液やおりものを体外に排出するためです。
しかし、なぜなら、ビニール状のものを想像するかも知れませんが、粘膜の髪のようなもので、摩口のすぐ中、5mm前後のところにあり、形は個人差があって一定ではありませんが、平均的には厚さ2mm前後、膜と聞けば、直径は20mm前後です。性交すると、男子のペニスによって破れ、痛みを伴って出血します。粘膜ですから、切れる時に痛いし出血もするのですが、これはあくまで基本的なことで、すべての未経験者がそうだとはいえません。未経験者の女子で激しい運動をしていたり、生理時に挿入式の用品タンポンを使っていますと、自然に破れることがあるからです。あっても、「未経験だと思って付き合ったら、出血もしなかったし、痛がりもしなかった」と言って、どんな男と付き合っていたんだと、彼女を責める了見の狭い男がいるように聞いたことがありますが、セックスをしなくても破れることは多々あるのですから、男子としてはこうした価値観はなくすことです。

出血は数日で止まりますが、もし長引くようでしたら、処女膜裂傷ではなく摩壁損傷の可能性がありますから、病院で診察を受けてください。処女膜の、生態的な意味合いや役目は解明されていません。挿入時の痛みも、最初だけの人が多いですから、女子が怖がらないように、優しく労りながら行為へ導くのが、モテる男子です。処女膜はその形状によって、環状処女膜、中隔処女膜や、爺状(しじょう)処女膜と、3つの呼び方があり、一番多いのは、環状処女膜です。爺状(しじょう)処女膜とは、膜の開口部が小さく、ペニスを挿入しようとしても裂けない処女膜をいうのですが、婦人科で相談すれば簡単に切開してくれますから、無理に挿入しようとしないようにしてください。

バルトリン腺液

Q.バルトリン腺って、なんですか?A.バルトリン腺は、生命維持器官ではなく、性交のために備わった潤滑液を分泌する腺です。男子のカウパー腺と同じような役目を担っています。
男子のカウパー腺と同様、性的興奮によって分泌され、潤滑油の役目をして、ペニスを受け入れやすくする働きをします。男子のカウパー腺が内腹部にあるのに対して、バルトリン腺は小陰唇の内側、大前庭に左右ひとつずつ配置されています。この吹き出し口が、病気や傷で塞がれますと嚢胞になり、細菌に感染しますと膿身になります。男子が愛撫するときには、女子を傷つけないように注意し、また定期的に愛撫を与えるようにして、ここが塞がれないよう手伝ってあげることも大切です。
-般に、ラブジュースとか愛液といわれているのは、このバルトリン腺液です。

月経って何

Q.女子の月経について、いまひとつ理解できません。詳しくわかりやすく教えて下さい。A.思春期になると、男女とも、性別の兆候がはっきりと現れてきます。
それは、男子は精子が製造されるようになり、女子は卵子の製造が始まるのです。男子の場合は、活動を始めた精巣は精子を生産し続けています。生産された精子は、一旦保管睡眠中であろうと食事中であろうと、されますが、一杯になると自然に尿道から流れ出ます。この寝ている時に、自然に漏れることを夢精といいます。ほとんどの男子は、女子の初潮と同じように夢精によって初通を体験したり、先輩やませた友だちから、マスターベーションを教えられて、自分の意志で放出することを覚えていくのです。
しかし女子の場合、卵子が製造されるのはほぼ月に1回と決まっており、成熱した卵子は排卵という作用によって子宮へ降りてくるのですが、その寿命は約24時間。この間に、精子と出会うと受精となるのですが、受精すること無く寿命がつきた卵子は、身体の外へ排出されます。この時に、卵子を守っていた子宮の内膜も一緒に剥がれ落ち、摩道を通って体外へ排出されます。内膜は、卵子を守っているときは充血していますので、剥がれ落ちると同時に充血していた血液も流れ出てきます。普通の血液の中には、出血時に流出を止めるように作用する血小板がありますが、この内膜を充血させていた血液の中には血小板が少なく、凝結すること無くすべてが排出されるようになっています。

この排出が、月経といわれている作用です。
出血は4~5日続き、その量は200cc~300ccほどで、血液成分は40%前後、残りは内膜などが洛解したものです。出血量は2日目が最も多く、それを境にして徐々に減っていきます。
排卵が終わった後だから、妊娠しないとかを理由にしてセックスを求めたり、月経中にセックスすることを好む、サディスティックな男子もいますが、月経中は子宮内膜が剥がれた後の傷も治っていませんので、細菌に感染しやすく、お勧めできません。月経の周期は、その字のごとく月の周期とほぼ同調していますので、30日前後ではなく、1年間で13回だと思ってください。27~8日です。余談ですが、妊娠期間は10月10日と言いますが、これは旧暦カレンダーでの数え方です。日数で数えますと、288日が正常な妊娠期間となります。
STD(性感染症)と男子特有の病気

身体の不思議の次に多かったのが、性感染症と男子特有の病気についてです。にうした問題は、死に直面する場合もありますので、正しく理解する必要があります。

ここでは文字幅を割いて、なるべく多くの症状を取り上げていきたいと考えています。風俗で遊ぶ場合も知識として役に立ちます。

おすすめ:「すすきの」で安全に遊ぶための風俗情報サイト

STD(性感染症)

Q.「ペニスに小さなしこりができたのですが、これって性病ですか?彼女と5日前にセックスしています」「亀頭の周り、裏側に小さな突起が目立つようになりました。
これって何かの病気でしょうか?」A.しこりは診察してみないと、これだけではわかりません。亀頭の周りの突起は、0.5mm前後の細い突起ならば思春期を迎える頃目立つようになるのですが、壮年期になるにつれてなくなって病気ではありません。
きます。イボ状の突起なら、尖圭コンジローマに感染した危険があります。病院で検査を受けてください。こうしたペニス周りの異変は、町医者へいくのも気が引けて、だからといって親に相談するのも、講曙してしまうのです。症状が気になりだすと、毎日が不安になり、勉強にも仕事にも差し障りが出てきます。そこで、問い合わせの異変以外に、STD全般についてお話ししていきましょう。STDとは、SexuallyTransmitted性行為による感染症のことです。一般的に性病といわれていますが、厳密にいうと性病とは梅毒鼠径リンパ肉芽腫軟性下Diseasesの略称で、性行為による感染症は、淋病の4つを指しています。これは1945年に制定された性病予防法時代に即しておらず、1999年に新しく感染症新法が施行されたことによって、廃止され、それ以降は性病という言葉はに基づくものですが、なくなり、性感染症という表現に統一され症例も増えました。
当然この症例は、男子のみが対象なのではなく、女子も感染する病気です。以下代表的な性感染症簡単に感染したときの症状を記しますから、疑いを感じたら、なるべく早く保健所に相談して検査を受けてください。について、これらの病気にならないためには、不特定多数の人と関係を持たないことです。性感染症は、性行為によって血液や精液、摩やペニスの分泌液、そして互いの粘膜が接触することで感染します。ですから生活環境のわからない、一番の危険の回避に不特定多数の人と交わるのを避けることが、なります。当然、感染していない者同士では、感染の可能性はありません。親密になったら性行為に及ぶ前に、互いが感染症の検査を受けるのが、パートナーに対する愛情だといえるでしょう。代表的なSTD(性感染症)
の特長と症状ここでは、主な性感染症の特長と症状としてエイズ梅毒淋菌感染症性器クラミジア感染症性器へルペスB型肝炎尖圭コンジローマ腔トリコモナス症カンジタ摩炎の9症例を取り上げます。

エイズ

エイズはHIVといわれ、一時期相当危険視されていましたので、覚えている人も多いでしょう。しかし最近では、あまり意識することも無く性交渉をする人が増えています。エイズ感染者は、世代を問わず広がっていますから、感染しないよう用心しなければなりません。今の医学では、完治することができませんが、万一感染してしまった時には、早く治療することによって、病気の進行を遅れさせることができます。次に記す症状で幾つかの症状が該当するときは、保健所で検査を受けてください。エイズ検査は匿名でできますから、あなたのプライベートが守られますので講踏せず早く検査を受けることです。
初期症状は風邪に似ていますから、風邪の症状や身体の痛みがあり、風邪薬を飲んでも改善されない場合は、エイズ感染を疑ってみてください。風邪とエイズ感染の違いを見分け方として、アメリカ保健局サイトに掲載されている12ステージを紹介しましょう。症状
[ステージ1]微熱がつづく微熱が続くので薬を飲んでも熱が下がらない状態が続きます。就寝中に多量の寝汗をかきます。これは血中にウイルスが侵入したことを察知した身体が、ウイルスを殺して追い出そうと、身体の治癒作用にスイッチが入ったからです。
[ステージ2]喉の痛みがある扇桃腺が腫れたような違和感が喉にあり、痛みが広がってきます(慢性的に喉に違和感があれば、気管支炎や口腔カンジタ感染症、潰蕩や咽頭ガンの危険性もあります)。痛みは、関節や筋肉に広がっていきます。そしてリューマチと同じような症状になり、関節が炎症を起こして腫れ上がり、動かすと激痛が走ります。[ステージ3]下痢や幅吐が続く理由のわからない下痢や吐き気が続き、幅吐を繰り返します。[ステージ4]空咳が止まらない一般的に咳の作用は、喉にからんだ療など体内の異物を排出するためで、湿りのある音を伴いますが、乾いた軽い音を立てた咳が続きます。これは[ステージ2]の喉の痛みに関係します。[ステージ5]鼠径部や首のリンパ節の腫れエイズ感染の初期症状のひとつが、このリンパ節の腫れです。鼠径部や首、肢の下などのリンパ球が異常に腫れ上がります。[ステージ6]頭痛が続く頭痛が薬を飲んでも症状が弱まりません。[ステージ7]体重が落ちる普段と同じ運動量や食事をしていても、体重が目に見えて落ち込んでいきます。[ステージ8]倦怠感で集中できない身体を休めても、十分な睡眠をとっていても疲労感が抜けず、倦怠感で勉強や仕事に集中できなくなります。[ステージ9]全身が発疹で覆われるHIVrashといわれる、エイズ独特の癖みを伴った赤い発疹が全身にあらわれ、表皮がボロボロと崩れてきます。粘膜が薄くて湿りを帯びた部分では、発疹が水ぶくれとなり、また性器など、痛みが襲います。[ステージ10]寝汗をかく睡眠中に、激しく体温が上下を繰り返すので、体温を調整するために非常に多くの汗をかきます。
[ステージ11]唇や口腔にヘルペスができる風邪を引いて微熱が続くときなど、唇や口角にヘルペスができるのは一般的な症状ですが、エイズに感染しますと、ヘルペスが頻繁に、口の周りから口腔にまで広がって発症します。[ステージ12]何の症状も現れない感染していながら、何の症状も兆候も現れない人も、稀にですがいます。迷惑なことに、こうした人たちは性感染症に関心の無い人が多く、そのまま不特定多数の人との性的接触を続けていきますから、感染者をどんどん広げていくことになってしまうのです。ステージの~0の、いずれかの症状が見られましたら、必ず保健所で検査を受けてください。

梅毒

感染するのは、保菌者とのセックスやキスです。
日本での保菌者は、ほぼいなくなったといわれていましたが、最近になって感染者が急増していることがわかり、要注意のひとつとなっています。放っておくと死に至る怖い病気ですから、わずかでも兆候を感じたら保健所へ相談してください。症状

感染しても、潜伏期間が3週間ほどありますので、症状は4つの段階を踏んで現れます。すぐにはわかりません。感染した後、感染してから3週間菌が陰部や口腔などに無痛のしこりができ、膿が出ます。
しこりは数日で消えます。から3ヶ月で、侵入した部分同じ頃に、鼠径部のリンパ節が腫れ、6週間を超えた頃から、梅毒検査で陽性反応が出ます。この感染期には、痛みがありませんから放っておく人おく人が多いのですが、この感染期に治療を行えば、悪化すること無く完治します。しこりができ、そこから膿が出だしたら保健所に相談するべきでしょう。この感染期を過ぎますと、特徴的なバラ疹と呼ばれる発疹が、全身に現れます。放っておいても、ひと月前後で消滅しますが、この感染期を逃してしまうと、潜伏期を経て、脳悩や神経が冒され死に至ります。予防の仕方は、保菌者との接触を避けるために、不特定多数と性行為をしないことと、必ずコンドームを使うことです。

淋菌感染症

性交渉によって淋菌に感染する症状です。保菌者と性交渉することによって感染するといっても、感染する確率は、保菌者の菌の量やパートナーの抵抗力などによって、35%から85%と大きく開きがあります。また尿道に淋菌が侵入することによって感染しますから、性交渉のすぐ後に排尿することによっても、感染率を低くすることができます。

症状
感染すると数日で、男子の場合は尿道炎を発症し、排尿時に痛みを感じたり、尿道口から黄色い膿が出てきますので、この症状がみられたら泌尿器科で治療を受けてください。女子の場合は子宮顕管炎を発症し、おりものの量が増えたり、膿性帯下がみられます。しかしおりものの量が増加しても林病に感染したとは思わず、また膿性帯下の症状がでても、おりものが増えただけと見逃しやすいのです。
尿道炎や子宮頭管炎を、治療せずにそのままにしておきますと、淋菌はどんどん身体の奥へ入り込み、男子は精巣上体炎、女子は卵管炎になって、共に不妊症になりますから、少しでも変だなと思ったら、迷わずに検査の結果、淋菌に感染していなくても、何らかの病気の可能性がありますから無駄ではありません。検査を受けてください。

性器クラミジア感染症

この病名は、頻繋に耳にすることはないかも知れませんが、日本では最も多い性感染症です。医師が7日以内に保健所に届け出なければならない伝染病5類感染症にも、性器ヘルペス、発見してから、尖圭コン
ジローマとともに指定されています。感染者は男子よりも女子に多く、自覚症状が乏しいために、パートナーや出産児への感染が広がっています。感染した男子に対してフェラチオを行うことによって、咽頭感染者も多いのが特長です。性交年齢の低下にともない、若年層に多い感染症です。淋菌との重複感染も、多々見受けられます。
女子の場合は自覚症状に乏しいため、菌が体内に入り込んで肝周囲炎、子宮顕管炎、骨盤内付属機器炎、不妊症になります。
妊娠したとしても、出産児がクラミジア産道感染によって、肺炎や結膜炎を発症します。症状
女子の場合は、自覚症状がほとんどありません。不特定多数の男子と性交渉のある人は、定期的に検査を受けるようにしてください。男子では尿道炎が一番多い症状で、排尿時の不快感や痛み、むず梓さなどで自覚できます。潜伏期間が長く、発症は感染から3週間前後です。若年層の精巣上体炎の原因にもなり、不妊症になります。淋病と自覚症状が似ていますので、淋病治療を受ける人がほとんどですが、治療を続けても症状が改善されない場合はクラミジア感染を疑ってください。咽頭感染の場合は、喉に違和感を感じて咳が続きます。風邪の咳と違うのは、同時に顕部のリンパ節腫脹がおきます。また鼠径部のリンパ節腫服がおきた場合、放置していると陰部の象皮症になりやすいですから、自覚症状が感じられたら早急に検査を受けてください。

性器ヘルペス

性器ヘルペスとは、性器ヘルペスウイルス感染症のことです。医者は感染者を発見すると、直ちに保健所へ届けなければならないと決められている、4類感染症疾患に指定されています。
マラリアや日本脳炎、鳥インフルエンザなど、感染拡散の早い感染症分類です。症状を抑える薬はありますが、2014年現在、ウイルスを退治する薬はありません。あらゆる性行為が主な感染ルートになりますが、保菌者と同じタオルを使用したり、保菌者が性器を触れた手で触ったものに触れることでも感染します。
症状が出ていなくても、性器周辺の皮膚や粘膜にウイルスが付着していますので、効果的な予防法もなく、他の皮膚が触れ合うために完全ではありません。病変部分は一時的に治りますが、コンドームを使っても、ウイルスは神経節に潜伏していますので、妊娠した場合、出産児の脳に異常をきたす場合があります。一度感染すると、生涯保菌者になることを忘れないでください。症状が見受けられなくても、性行為を行う前に、互いが血液検査を受けるようにしましょう。