セックスをするたびに私の中で出した一度

女性も男性の顔を見

最後におっちゃんが楽しめよと親指を立てたのが印象的だった。部屋に戻り、一緒にシャワー浴びた。お互いに体だけ洗い、おっぱいで体を洗う方法を教えたりしながらイチャイチャしていた。英語がそこまでできる子ではなかったが、男女が裸になって、イチャイチャしていればだいたいのことは伝わると感じた。一緒にご飯へ行くことにした。ご飯はなんでもおごってあげるといったので高いレストラン連れていかれるかと思ったが、普通の屋台で二人で100バーツだった。
GOGOならビールー杯でなベッドの上で2ハメし、くなる金額だ。その後、置屋にいた他の子達に偶然会い、一緒に町をふらついた。日本人一人に女の子4人で歩いていたのでマレー人からの視線が痛かった。タイ式ローティーというクレープ食べたりして、散歩したのはバンコクではなかなか味わえない楽しみ方だと思った。他の子とイチャイチャすると持ち帰った子が嫉妬し、もうHしてあげないとか言いながらくっついてくる姿は萌え死にそうだった。途中で軍人に会って、ほろ酔いだったので全員俺の女だとか言ったりしていた。向こうも一晩中腰動かせよとか言っていた。軍人の車に乗せてもらい、ホテルに戻ったが、女の子が一人増えていた。どうやらこの子は同じ置屋の子でマレー人が予約したのにもかかわらず、来店せず、それを待っていたため今日の客が取れず、泊まる場所もないそうだ。とりあえず、お持ち帰りし子と一緒にシャワーを浴びた。っいてきた子がシャワーを浴びている間にお持ち帰りした子と只管3Pしたいなと考えながら1メ。

シャワー上がった子もやっぱ可愛く、二人に3Pをお願いした。最初は拒否されたが、だんだん二人も乗ってきて結局二人に1メづつした。今日一日で5ハメし、さすがに疲れたので電気を消し、二人の嬢に囲まれ就寝。どっちを向いてもおっぱいがあり、手を伸ばせばすべすべの肌に触れる状況は最高でまさに天国だった。翌朝8時過ぎ、朝立ちを嬢が触っていたので目を覚ました。お持ち帰りした子はまだ寝ていたので、ついてきた子と1ハメ。
9時過ぎには2人でシャワーを浴びチャックアウト。店に送っていきおっちゃんと話していたら、どうやらあの二人は従姉妹だったそうだ。姉妹井と知っていればもっと興奮してさらにできたのにと後悔したが、十分楽しかった昨夜の事を思い出し満足した。スンガイコロクの激しい一夜は合計6ハメ、置屋代1500飯代3005400円計1800B非常に良い成果を出すことができたと思っている。最後に姉の方とLINEを交換したが、連絡はいまだに来ない。ハジャイ編ハジャイの時間システムは特殊であり朝10時に嬢をブッキングし、翌日の10時まで24時間自分の女にできるのだ。ハジャイではCゲストハウスに数日滞在し、町の様子を観察した。
Cゲストハウスには日本人観光客やハジャイに滞在している日本人がかなりの量の情報をノートに記載し残してくれている。このノートは非常にありがたく、特にAさんには感謝している。さてこの町は日本食のレストランもあり、工場横流しタバコ、酒の売店、ショッピングモールのロビンソンなどがあり、他のタイの街並みとは少し違うように思える。街中には金行が多く存在し、中国勢力が強いように感じられる。ショッピングモールのロビンソンでは食糧から生活家電まですべてが揃い、ヘアアイロンなどの購入も可能だ。ミスタードーナッツもあり、味は日本で食べるものとさして変わらない。デートスポットとて使うこともでき、ナンした子に案内してもらえば効率よく店舗を回ることができるだろう。

風俗で頑張っても同じことですしかします

·筆者の経験筆者がCゲストハウスに滞在し、他国からの旅行者と雑談していた時に一人の女性が声をかけてきた。ここはタイの地方都市であり、日本人女性の旅行客などめったに居ない。この女性ももちろんこんにちは急に聞きなれない日本語を聞いたため、何故か胡散臭く感じその時は軽く流した程度だった。外国人女性である。その日の夜はCゲストハウスに宿泊予定ではなかったが、ビールを飲みながら誰かと会話したいと思い、置屋から帰ってきてCゲストハウスに向かった。Cゲストハウスのロビーでビールを飲んでいるとその女性が再び現れた。彼女はフィリピン人であり、ニューハーフでった。
昼見たときも思ったが、かなり美しく、華客であるため言われるまではニュハーフであるとまったく気が付かなかった。彼女は以前、日本で数か月働いていたことがあり、タイには豊胸手術のために来たと言っている。彼女からグイグイくるアプローチに根負けし、その日の夜に筆者は初めてニューハーフを味わった。彼女の部屋に連れていかれ、月明かりに照らされた彼女の体を見るとまるでモデルのようであり、すらりとした肢体とBカップ程度の胸のバランスが非常に良かった。あそこは恥ずかしがり見せてはくれなかった。パンツをずらし正常位で挿入した時には、そこにタオルをあてがっていた。タオル越しに感じる小指程度の棒が次第に固くなり、行った時には少しびくびくしているのを感じたときはこちらも何故か幸せを感じた。2回戦目は窓越しで立ちバックだった。
Cゲストハウスの外にはタイ人やマレーシア人のニューハーフの立ちんぼがいるが、彼らを見下ろしながら、攻めていた時の非日常感はすごいものだった。翌日は彼女の豊胸手術の日であり彼女から、不安なので付いてきてほしいとお願いされた。その時には彼女に惚れかけていたので快諾し、同行した。
術後の安静にしなければならない時期も口口でしてくれ、その献身さにますます忽れそこから数日間、同棲して過ごしたが、その間の飯、宿、売春代を全て彼女が出してくれ、最終日にはバンコクまでも飛行機代も支払ってくれた。込んだ。フィリピンに戻った彼女はモデルの仕事をしているようで、今でも頻繁にFBを介してメールが届く。メールの中には裸の写真やセクシーな衣装を身にまとった写真が多く添付されており、その都度、タイでの非日常な数日を思い出した。そんな彼女は先日行われたニューハーフコンテストで優勝したらしい。
以前よりさらに美しくなり、竿も切った彼女は筆者をフィリピンに誘ってくれているが、現在では月と篭であり、筆者はとても彼女に見合うような男ではない。そう伝えても頻繁に誘ってくれるので筆者の次の旅行先はフィリピンになるだろう。
ウドンタニー編タイーラオスの国境の町ノンカイよりも少し南にある地方都市ウドンタニーは田舎の地方でありながらも、大きなショッピングモールがあったり、多くの金行があったりで意外と栄えていた。
町にはバーも多く、日が暮れるとリタイヤした白人が集まってビールを飲んでいる。この町には3つの置屋スポットがあり、どの店も日本円にして1000円程度で1ハメすることが宿もいくつかあるが、おすすめはNTアパートメントできる。置屋からもそれほど離れておらず、近くにバーもないため夜は静かである。目の前にはコンビニがあり、ジュースや軽食が手に入り、wifiも無料で使うことがである。できる。この地方の置屋は持ち帰るタイプではなく、店内にあるヤリ部屋で1ハメして終わりというパターンである。基本的に持ち帰るシステムはなく、持ち帰ろうとするとかなりの高額を請求される。現地人向けの置屋なのでヤリ部屋は決して締麗ではなく、タオル等もしっかりと整っていない。なのでこの地方の置屋に行く際は必ずバスタオルを持参しなければならない。

風俗の世界では四〇


風俗という特殊なビジネスを辞めるつもりはまったくないよう

もし忘れた場合は、前の客が使ったであろう湿った、カビ臭い、ところどころほつれたバスタオルを使うはめになるだろう。NTアパートメントに近い置屋のヤリ部屋は他の置屋に比べると締麗で、かつ内装が女の子の部屋になっている。
デザインでそうしているのではなく、実際に女の子がそこに住んでいるのだ。部屋の中にはシャワー、ベッド、クローゼット、鏡台、ラジカセがあり、生活感があふれている。貧乏女子大学生の彼女の寮へ行っていちゃらぶHするイメージがびったしの内装だった。正直に言って東南アジアの届風俗の中で一番興奮した部屋であった。置屋の位置はいずれもメインロードから一本中に入ったところにあり、土地勘のない旅行者ではなかなかすぐにはたどり着けないかもしれない。
だが街中にはトゥクトゥクが多く走っているのでドライバーに聞けば教えてくれる。NTアパートメントに近い置屋は徒歩5分程度であり、セントラルプザ方面に行くときに左を見ながら進んでいれば見つかるだろう。遠い方は徒歩15分ほどでセントラルプラザ方面からカリンホテルの方へカリンホテルを通り過ぎて少ししたところにある。行き、できれば昼間に位置を確認しておこう。NTアパートメントに近い置屋は暗い路地にあり客引きもあまりいないために、路上には犬がいる場合がアジアで犬に噛まれると非常に大きな問題が発生するので是非ある。もし噛まれたら女遊びは諦めてすぐに病院へ気を付けてもらいたい。行こう。この地方の置屋の待合室はキャバクラのようであり、ジュースや酒を飲みながら女の子と話すことができる。
その際に必要になるのは自分のドリンク代だけで地雷を踏まないためにここでしっかりと女の子をある。見定めることがこの地方の置屋を最大限に楽しむ一つのポイントであろう。·筆者の経験この町に来る前はラオスに滞在しており、ラオスからの国境バスでウドンタニーへ到着した。日曜日なので町中の銀行、金行や両替商が閉まっており、100バーツしか持っていないので途方に暮れていた。何とかたどり着いたセントラルプラザで日本円をタイバーツに両替しNTアパートメントへと向かった。荷物を置きシャワーを浴びたら、気になる店にショッピングへ行った。
タイではSimフリーのスマートフォンやタブレットが格安で販売されており、wifi運用用として一台欲しかったのだ。3回のスマホ屋の女の子がすごく可愛く、清純に見えたため、その店でスマホとタブレットを一台づつ購入した。言語等の初期設定をしてもらっている間にひたすら可愛いとほめちぎり、仕事が終わったらデートしてもらう約束を取り付けた。セントラルプラザでぶらぶらしていると彼女から電話があり、一緒に僕のホテルへ行くことになった。その時はヤリ目的ではなく、荷物を置きに行くだけの予定だった。少し遠回りしながら、ラオス料理の焼き鳥をおかずに食べたりしながら歩いていた。彼女は英語も喋れて、可愛く、いろんなことを教えてくれた。ホテルに着いた時には日は落ち、結局町中見ちゃっカオニャオを、たねと二人で笑いあった。

クリトリスに当てれば……例の社長夫人はあまりの気持ち

ピンサロもほかのお店と料金スタイルは一緒です指名料エッチな姿に反応してしまったのだ

汗を流すためにシャワーを浴びると伝えたら彼女も浴びたいとのことだったのでレディーファーストで先に浴びさせた。あまり人間を信じない僕は彼女がシャワーを浴びてる間に貴重品を隠した。彼女がシャワーーを出て体をふいている間はバルコニーでタバコを吸って待っていた。気が得ように白のワイシャツを渡したのだが、ノーブラで白のワイシャツを着て、下は履いていないという、エロゲかアダルトビデオのような服装でバルコニーに顔を出し、服ありがと、シャワー浴びなよと微笑んでいる彼女はまさに天使だった。
僕がシャワーを浴びている間に着替えなおしちゃうだろうなと思いながら、シャワーを浴び、万が一のために入念にあそこを洗った。
シャワーを出るとベッドの上で先ほどと同じ格好でテレビを見ていた彼女を見て、僕の胸はさらにときめいた。緊張を隠そうとしてタバコに手を伸ばすと、タバコを奪い取られ、タバコの匂いがする口とはキスしたくないといわれた。唖然としていると彼女がキスしてきて、そのままベッドに雪崩れ込んだ。タイ人には珍しく超積極的にしゃぶってきたので、念入りに洗ってよかったと10分前の自分をめちゃ褒めた。そのままベッドで2ハメした。終わった後にタバコを吸おうとすると、私も欲しいというので一口あげたら咳き込んでいた。その姿も可愛く、愛らしかった。
彼女は3か月だけバンコクのGOGOで働動いていたらしく、その時にためたお金でショッピングセンターのテナント料を稼いだといっていた。僕についてきた理由は、GOGO時代の好きになっちゃった客と雰囲気が似ていたらしい。
雑談をしていると、9時を過ぎていたので彼女を家まで送っていったら家族に出迎えられそのまま皆で晩御飯を食べに行った。晩御飯は屋台のラーメンでそのまま食べてもめちゃおいしいのに、何故かみんな砂糖をかけて食べていた。お代わりし2杯目のラーメンに砂糖をかけて食べたらこれがめちゃうまかった。結局3杯のラーメンを食べ、性欲も食欲も十分に満足していた。次の日もショッピングセンターの彼女の店で会う約束をしてその日はお別れした。翌日、彼女への差し入れのため一階にあるコーヒーチェーンでキャラメルフラペチーノを二つ買い彼女の元へ向かった。
エスカレーターが目的の階につき、彼女の店を見ると、彼女はカウンター越しに彼氏っぽい人と手をつなぎながら、昨日僕に見せたのと同じ笑顔で話していた。なんとなくだけど彼氏だと思った僕は、30秒前まで中学生のように意気揚々とし、キャラメルフラペチーノなんか買っていた自分が急にむなしく思えてきた。結局そのまま次のエスカレーターにのり更に上の階へと上がっていった。そうして最上階まで行った僕業はエレベーターに乗り、1階まで降りショッピングセンターを後にした。


フェラチオでも感染します

風俗嬢がクスリで捕まったとしよう

ショッピングセンターの外はやはり熱く、さっき買ったキャラメルフラペチーノを2杯とも飲み干し、ごみ箱へ投げ捨て、ホテルヘ帰った。その夜は虚しさのあまり、置屋を3件はしごした。これにてタイ王国編は終了です。タイでは売春初級者から上級者まで楽しむことができ、若い日本人なら他の国と比較し、かなりモテます。売春以外のナンパ等もかなり成功率が高くなると思います。バンコクやパタヤなどの主要都市にある風俗は難易度が低く、金額も高いのでおっさんになってから行くのがベストだと思います。タイはリピートをすればするほど楽しさが分かる国の一つなので、ぜひ何回も訪タイしてみてください。【コスタリカ編】この国も筆者が訪れた国であるが、この国はスペイン語圏である。
英語やヒンドゥースターニー語、タイ語は何とか日常会話や売春に必要な程度はできるのだが、スペイン語とフランス語はどうしてもできない筆者にとってこの地は非常に厳しい土地であった。
未だに挨拶がほらなのかおらなのか分からない筆者がこの地で何とか売春旅行ができたのはスペイン語がセミネイティブレベルでできる友人Nのおかげである。この場でもう一度礼を言いたい。コスタリカの届風俗には中南米諸国から多くの風俗嬢が集まってくる。つまり、コスタリカに来るだけで中南米中の女を抱くことができるのだ。タイのようなロリ可愛い系ではなく、ロリ属性がある人にはあまり興味を持ってもらえないかもしれないが、中南米の美女は相当レベルが高い。
さらに情熱的なHで、アジア人では味わえない開放的な気分になる。なんといえばいいのか分からないが、アジアの風俗の場合必ず反省会があるが、中南米ではそれがないのだ。賢者モードなしでひたすら楽しかったと燃えるようになる。みなさんにも是非中南米の女を味わってもらいたい。
コスタリカの首都サンホセが今回の滞在地である。この国と地域を選んだ理由は中南米諸国の中でも安定した治安と、商業的に売春が行われているとの情報をつかんだからである。サンホセでの売春方法は以下の3種類である。

ホテルのバーで娼婦を買う

ナイトクラブで女を買う

.MPホテルのバーとナイトクラブはスペイン語の語学力が英語が完壁にできる嬢はまれであり、自信がない場合はMPへ行くべきである。
多少必要になる。
【ホテルのバー】サンホセの市街地にあるホテルDelRayは多くの娼婦が集まるホテルで海外からの売春目当ての旅行客も多く集まる。このホテルより北のエリアに多くの置屋が集まっている。このホテルは入館の際にきっちり荷物検査が行われ、明らかに怪しい人は入館できないようになっている。女性側も過去にトラブルを起こした人を制限しているので、嬢の方も一定のクオリティーが保たれている。流れとしては、入店しあたりを見回す。館内にはバーやカジノがあり、いたるところに娼婦がいる。
アイコンタクトを送ったり、バーで飲んだり、こちらから話しかけたりすると交渉が始まる。ポケモンのゲームのように目があったらたいていの場合は向こうからやってくる。値段交渉をし、退館し、ホテルに連れていくのが一連の流れ予算としては嬢によるが、100~170ドル程度だろう。

射精感が背中を駆け上ってくる

アソコが縮み上がっている人妻デリヘル嬢


エッチ目的で来店しているのが丸わ

値下げ交渉は必須で、言い値だろう。ではボラれるので注意しよう。ハメ終わった後は数ドルのタクシー代を渡して気持ちよくわかれるのがお勧めだ。【ナイトクラブ】この町にはいくつもナイトクラブがあるが、筆者が訪れたときに一番賑わっていたのはmargaritaというナイトクラブでナイトクラブは名前の通り夜に行くものだが、余り治安がよろしくない。この店の前にはある。銃を持ったごついバウンサーと黒服がおり非常に怖かった。さらに店内で話を間いたらごついバウンサーはゲイだというのでさらに怖くなる。
入店時の持ち物チェックを終え中に入ると多くの中南米女性がいる。
とりあえず受け狙いでジョソイハポネースここの嬢のほとんどは英語で会話することができない。と言っておこう。他国のナイトクラブと同様、酒を飲みながら気に入った子を選ぶパターンだ。気に行った嬢がいれば、隣接したヤリ部屋に連れていくだけである。価格は嬢に50ドル、部屋代で20ドル、ビール飲んで10ドル程度だった気がする。DelRayよりも安くつくが、嬢のレベルはやや落ちる。
安全面を考えてもナイトクラブよりもホテルへ行ったほうがよいだろう。MP筆者はNewFantasyというMPに行ったが、ここは非常に充実した設備が整っていた。中には2種類のサウナがあり、旅の疲れを存分に癒すことができた。普通のマッサージもレベルが高く、ぐっすり寝てしまうほどのものであった。嬢はマジックミラー越しに自分の気に入った子を選ぶバターンであり、容姿的な地雷は引くことはないだろう。店が状の管理をきちんとしているので、性格的な地雷もほかの店と比較すると少ないように感じられる。価格は40ドル程度だが、嬢と個室へ入った際にチップを要求される。
その時はサービスが良かったら後で払うといいだろう。コスタリカニ日目と最終日に行ったがそれまでの疲れがすべて吹き飛ぶほどよいマッサージだった。

筆者の経験スペイン語が堪能な友人Nと共にコスタリカに付いた時は、長時間のフライトと時差、標高差などが重なり、体調を崩しかけていた。日差しが強くどんどん体力を奪っていくのでサンホセ市内のホテルに入り、カフェで休憩していた。泊まるホテルも決めていなかったのでそのホテルに泊まることにした。初日は観光するつもりだったので節約の意味で友人Nと同じ部屋で泊まることになった。体調が良くならない僕は友人Nに一人で観光言ってきてよと伝え、カフェテラスで休憩していた。店員さんはコロンビア出身で目巨乳で目がパッチリしていてめちゃくちゃ可愛かった。その店員さんと話すのが目的で何杯もコーヒーを飲んでいた。体調が戻ってきた僕はいつも通りナンパを開始していった。友人が一人で行ってしまって悲しい。

  • セックスができないという
  • 風俗でありながら男
  • 挿入はいつも正常位もちろん俺が一生懸命に腰を振って終わセックスじゃ満足できなくなるね