パネルとまったく違

奴隷プレイにして貢がせるヤクザ

その間二人でずっと話していたが、相手は何でこんなことをするのかと戸惑っていたようだ。すべてが終わり、ドレスアップが終わった彼女を連れて町へ出て、夕食を取り、ちょっとだけだが酒も飲みホテルへ帰った。彼女にするような感じで自然にエッチしてその日は寝た。次の日になると女がいなかった。やベー金とか盗られたかもと、財布を探していると女が朝ごはんを買って帰ってきた。俺の財布を持ちだしていたが、朝食代以外には一切手を付けていなかった。朝飯を食ってもう一発したところで、もっかいやった。
向こうの緊張感も溶けているのか表情もやわらかくなり、昨日よりも積極的なプレイになっていた。終わった後の顔がマジで可愛かった。昼過ぎまでゴロゴロしながらスワヒリ語を教えてもらっていたがマジで理解中1の英語で覚えたジャンボだけでいいやってなったけど、それでも優しく教えてくれたのが嬉しく感じた。昼過ぎたら一緒にあのきれいな海へ行った。他には人もいなできない。かったから、一緒に海に入り、めちゃめちゃいちゃついた。
海の後は、林で口でしてもらい一緒にホテルまで戻った。シャワーを浴び、飯を食う前にももう一回やった。やればやるほど可愛く見えてくるという日本では味わえない感覚だった。次の日は町を散策したがこの町には何もなく、さらに同じ国際学会に参加していた日本人から食事の誘いがあった。あと1日彼女をブックしていたが、金だけ渡し、その日のうちにナイロビへと戻った。正直に言ってナイロビの売春婦よりもこの町の女の方が擦れていなく、一緒にいて楽しかった。服装や髪の手入れをするだけで、ナイロビにいる連中よりよっぼど可愛くなるし、ロリコンであれば金もかからない。最初の置屋に行っていただろうし、この町はタイの地方都市と同じような自分にとっての秘境になる可能性を秘めていると感じだ。
次に紹介するのはガリッサだ。筆者の経験ガリッガへのアクセスは容易でナイロビから毎日バスが出ている。5、6時間バスに揺られたどり着いた町がガリッガだ。
ここへ来た理由はなんとなく町の名前が気に入ったからであり、それ以外の理由はなかった。この町でバスを降りてうろついていたところなんと日本人に遭遇した。だが。途上国の地方都市で会う日本人はだいたい青年海外協力隊の奴である。こいつもそうだった。飯に誘ってきたので一緒に飯に行ったが、やはり日本人がいないせいか、久しぶりに日本語を話すようでとてもイキイキしていた。彼日く風俗はないがビッチはいるということだったので、彼の知っているビッチの中の一人を紹介してもらった。電話をすると女はすぐに来て、一緒に飯を食った。彼日くこいつはエイズらしい。ゴムをつければ問題ないといって彼はたまに使っているようだった。金は必要なく飯を著ればそれでやれると言っているが、さすがにゴム付きでもエイズもちとはしたくないのが本心だ。かなり上玉の女だったが、さすがに手は出せなかった。彼日くこの町ならホテルの従業員に言えばセットしてくれるらしいが、夜歩いていれば声をかけられるからそっちのほうが安上がりといっていた。チャレンジ精神が高いのが協力隊とは聞いていたがここまでとは思わなかった。結局この町では誰も抱かず次の日にナイロビへ戻った。
アフリカのエイズ感染者の割合は非常に多い。絶対にゴムを忘れないようにしていただきたい。そして向こうのは質が悪いので、必ず自分に合った日本製品を持っていこう。エイズ以外の性病感染の可能性も高く、病院も信用できない。アフリカでの夜遊びのリスクは日本のそれとは比べ物にならないほど高い。筆者は多くの人種を抱くという崇高な目的があったため、挑戦したが、ただ抱きたいだけならほかの地域をお勧めする。
ドイツで見た日本のポルノ映画

これは、

今から20年以上前、僕がドイツに住んでいた頃の話です。当時住んでいたハンブルクは、国際的な港町で、ざわざ見に行ったことがありました。レーパーバーンという巨大な歓楽街があることで、有名なところでした。

パネルとまったく違

このレーパーバーンにあるボルノ映画館で、日本の映画が上映されるという話を聞きつけ、わドイツのポルノ映画館は、結構オープンな感じで、そこにはカップルで来てる人もチラホラ。最初はドイツの映画が上映されていたのですが、それは何とも明るい作品で露出度全開向こうは上から下まで全く隠しません
だけど何と言うか、あっけらかんとした、卑獲な感じがしない、ある意味つまらない作品でした。その次に、我らが日本のポルノ映画がやってきたのですが。驚いたことに、始まって30分経たない内に、なかったけど、気配からして、いかにも顔をしかめて出ていったような感じでした。ドイツ人がどんどん出て行ってしまったのです。カップルは全員でした。暗かったので、表情は良く分からその作品は結構衝撃的でした。見ている僕にとっても、露出度という意味では全然たいしたことは無いのです。せいぜい女性の胸が多少見えるくらいで、下半身は殆ど写らない。殆どがぼやかされている。でも描写が何とも陰湿で暴力的で卑隈なのです。そして今だから正直に言えるけど、実はそういう描写に、僕は自分の性欲を刺激されていたことを強く思い知らされました。
(先程のドイツ映画がある意味つまらないと感じたのは、この部分で物足りなさを感じたからに他なりません。)日本にいた時にこうしたポルノ映画的なものを見たことは、あまりありませんでしたが、多分日本で見ても、これほどの衝撃は受けなかったと思います。『この違いは何なんだろう??』それまであまり真面目に考えたことはなかったのですが、僕がいわゆる性文化というものについて、興味を持つきっかけになった出来事でした。
そう言えば、ハンブルクのレーバーバーンには、有名な飾り窓というものがあります。ショーウインドの中で、女性が下着姿で立っていて、客を呼び込む形式の売春宿ですが、元々はオランダが発祥の地だそうです。オランダのデン·ハーグという街に行った時に、ごく普通の街中の通りに飾り窓があったことに大変驚きました。勿論地元の人は通らない、近づかないようにしているのかもしれませんが、すぐ隣の角は子供達が登下校している道でした。(ハンブルクの場合は、レーパーバーンという歓楽街の中で、入場も一応自由ではあるけれど、入り口は壁で仕切られています)
意外と知られていないことですが、ドイツの中でも北の方のハンブルクやベルリン、そしてオランダは、同じキリスト教文化圏の中でもプロテスタントが強いところであり、カトリックの強い南ドイツやフランス、イタリアよりも性的な部分では遥かに開放的です。夜7時台に放送されるような、ごく普通のテレビのホームドラマでも、すっぽんぽんの男性や女性が出てくるシーンなどは当たり前ですし、それを卑獲と感じる感性もないようです。その当時、僕はハンブルクで学生の合唱団に所属したことがありました。その合唱団での初めての演奏会の時に、着替えをする楽屋が男女混合だったので、大変驚いたことを今でも思い出します。

風俗嬢が地雷などという可能性はかなり低いでしょうデリヘルは最も気軽


デリヘルではすぐに呼べる嬢は待機中と呼ばれ手

向こうの女性はブラジャーなど付けていない人も多いから、平気でトップレスになって隠すこともなく、そのままこちらをことさら意識することもなく、話しかけてきたりしてきます。あまりに自然なので、その内に慣れてしまいました
が、最初の内はかなり面食らい、ドキドキもしました。
こうした自然さは、前述したテレビのホームドラマに通じるものがあります。また長い冬を経て、4月くらいに太陽が全開になると、僕らにはまだセーターが必要かと思われるような温度でも、公園にはトップレスの女性が日光浴をしていたりもします。最初のうちはドイツが変わっている、北ドイツは特に過激だ、と思ったりもしていたのですが、確かに過激度は国や地方によって異なるものの、根本的に性的なものに対する態度とか習慣とかを見つめてみると、ろ日本が変わっているのではないか?と思うようにもなりました。むしそんなことをまだ漠然と考えていた頃、僕はドィツでいて、書いてみたいと思います。ある人物に出会います。彼との出会いが無ければ、僕がこのような本を書く事は無かったかもしれません。次章では、とても衝撃的だったその人物との出会いにつ
アフリカ人S君との出逢い

さて、僕はドイツ留学時代に、一番最初に住んでいた学生寮で、あるアフリカ人と知り合いになりました。

ここでは彼の名前をS君としておきましょう。S君は、カメルーンの出身、とても美しい顔と肉体の持ち主で、当時は大学で学ぶために、ドイツ語の語学研修を受けているところでした。僕は彼と同じ年に、同じ語学研修を経ているのですが、既にそのレベルでも、彼のコミュニケーション能力は、非常に優れていて、フランス語や何語か分からない言葉を交えながら(僕らはそれらを総じて宇宙語と読んでましたが)
政治、経済、哲学や宗教についての議論まで、ドイツ人の学生に対してさえ、気後れする事なくこなしてしまう、大変雄弁かつ能弁な人物でした。ついでに言うと、彼はとても謎めいたところのある、年齢不詳の人物でした。ドイツの大学はとても自由なので、10代後半から40代くらいの学生までいましたが、彼は知的な成熟度という意味では50歳くらいに感じることもあれば、無邪気に遊ぶ姿が10代に見えたりすることもあるような、とても不思議な存在だったのです。多分、その当時誰も、彼の本当の年齢を知らなかったと思います、僕は数回彼に尋ねたことがありましたが、笑って誤摩化されるだけでした。しかし、何と言っても彼が、その学生寮で話題の人物であった一番の理由は、彼の性生活にありました。

セックスをするたびに私の中で出した一度

チンチンを握ってシ

ドイツの学生寮は、殆どどこもが男女混在で、特にフロアを分けるようなこともなく、そこでは様々な生態が、見ようとしなくても見えてくるのですが、S君は極めてあっけらかんとした性格で、ドアをあけっぱなしで彼女と本番を始めてしまったり、しかもその彼女がしょっちゅう違う人物だったり、もしかして彼氏も?
みたいな気配もうかがえたりして、色々と話題に事欠かない人物でした。僕は同じフロアに住んでいたこともあり、彼と顔を合わせることも多く、知り合って一週間も経つと共用のキッチンで一緒になるたびに、親しく会話をするようになっていました。そんな彼とある日の昼食時、キッチンで一緒になり、軽くつまみながらしやべっていた時のことです。突然、S君が「俺はこれからお楽しみタイムだから、ちょっと失礼するよ」ってウィンクして出ていったのです。その時は、ああ、また彼女が来てるんだろうなー、と思ってそのまま別れて、僕はその後キッチンにやってきた他のアジアや中東系の学生とおしゃべりをしていました。すると、二時間くらい経った頃にS君がまたやってきたのです。冗談半分に「二時間なんて随分早いじゃん、お楽しみはもう終わり?」って聞いたらないのでとの返事。
「それで、なに今日は例の彼女??」つってからかうように言ったら「いや、今日は一人でお楽しみさ」とニヤッと笑います。うん、今日はちょっと早かったけど、そろそろ出かけなきゃいけえ?一人でお楽しみ??二時間も???と思わず心の中でつぶやいてしまったのですが、そこに居た他の奴らも「S、おまえそんな長い時間かけてオナニーするのかよ?
マジか?」と突っ込んでました。信じられない、という思いと、な響きもありました。ちょっと廟笑するようそうしたら彼は本当に真顔で「当たり前じゃん、相手に邪魔されることもなく、10回くらい出して楽しむのが最高さ!」
って。。。。自分一人で楽しめるんだ。俺はもっと時間かけてやることだってあるぜって言うのです。
「週末に時間がたっぷりある時に半日かけていやー、僕はマジでぶっ飛びましたね。さすがアフリカ人、スケールが違う。でも、彼が言うと全然いやらしくないというか、むしろスポーツみたいな爽やかさが伴うのはどうしたことか??
参考になるかどうか分かりませんが、日本の週刊プレイボーイ誌で行ったアンケート調査18歳から40歳の独身男性対象によると、以下」だそうで、最も多いのは10分以下です。そしてこの一回につき、射精する回数は多分一回か、せいぜい数回までと思われます。日本人男性がオナニーする回数と時間の平均値は週2、3回で平均時間は20分この違いは何なんだろう??-体彼はどんなオナニーをしているんだろう?ある時S君に尋ねてみました。とても不思議になって、「ねえ、Sはポルノビデオとか見るの??」
「いや、俺はあんなもん、見ねえよ。他人がやってるのを見て、何が面白いんだ。それだったら彼女とセックスする方が、全然いいぜー」ああいうのない?オナニー0り?J「お前何言ってんだ??


ピンサロの定番の花ビラ回転

ペニスを手に持ち口

なんで自分が楽しむために、他人がやってるのを見なきやいけないんだ。」
「でも殆どの人が、そういう目的を持ってるから、ああいうものが存在してるんであって」
「俺に言わせればお前ら狂ってるね。あるいは想像力が著しく欠けている、としか言いようがない」
「そっか、Sは想像力だけでオナニーして快感を得ているんだ」
「いや、間違えんなよ。俺は他人や、自分が誰かとやっているのを想像してる訳じゃないぜ」
「オナニーはセックスと違うんだ。あれは言わば一人で宇宙旅行をするようなもんだ。そうじゃねえか??」こうして始まったS君とのセックスを巡る会話は、とても衝撃的というか、示唆に富んでいたので、僕は忘れないように、後程ノートに書き留めるようになりました。

それから、しばらくしてやはりキッチンで彼と一緒にテレビを見ていた時に。。。それはかなり露骨な人種差別的な表現のある番組で、彼はそれを見ながらその時は、かなり酔っていました悪態をつきながら、言いました。こう「白人どもは俺たちをサル扱いするけど、俺に言わせれば、あいつらの方がサルだ。あいつらはオナニーするサルだ」
「えー?でもSだってオナニーもセックスもするだろ。ってか、普通のドイツ人よりやってるかもよ(笑)。僕はそれをサルとは言わないけど·.·」
「ちがうちがう、そうじゃないんだ。あいつらはオナニーの時もセックスの時も、ニーもサルと変わらないぜ。」やることは同じだ。ただひたすらペニスをしごいて刺激するだけ。腰を動かして往復運動をするだけ。それじゃあ、セックスもオナ「Sは他の奴らのオナニーやセックスを見た事あるの?」
「いや、それこそポルノビデオとかちょこっと見ただけで、やつらの行為を直接見た事はないけど、H全然考えていない。ってな。俺はその動きをサルと言ってるんだ。」が言ってた。あんた以外の男は、皆腰振って自分勝手に果てるだけ。こっちのことなんて同寮のドイツ人女性Sにとって人間らしいオナニーとかセックスって何じ:?J「なんだ、お前もサルの仲間か?でもお前だって、ちゃんと頭を持ってるんだから、自分で考えてみろよ。」そう言われてもすぐにはわかりませんでした。ただこのS君との出会いによって、僕のセックスに対する考え方は、大きく変わっていくことになるのです。
オナニーとは?

「オナニーはセックスとは違うんだ。
あれは言わば一人で宇宙旅行をするようなもんだ。」

S君のこの言葉を聞いた時、僕は不思議と女性的な感じを受けました。ただし、最初にお断りしておきますが、当時の僕の言語能力は、日常会話を何とかこなせる程度で、特定の専門領域に入っていくと、単語一つで買いてしまうような段階でした。おまけに、S君自身も、まだドイツ語は高いレベルではなく、ちょっと分からなくなると、フランス語や英語などの単語が、入り交じってしまうので、こんなにスムーズに会話が進んだ訳ではなく、何度も聞き返しながら、時には辞書片手に確認しながら、こうして書くと数行になる文章に、何時間も費やしたことさえありました。
そういう経緯もあり、話題が非常に興味深かったので、僕はノートに書いたりもしていたのですが、それとても断片的で、20年以上前のことですから、記憶もあやふやな部分が沢山あります。できるだけ正確に再現したいと思って書いていますが、当時の僕には概念的に未消化だった部分も多く、ようにとは心がけているものの、部分的には恋意的な解釈も含まれているかもしれません。

パネルとまったく違

下半身から力が抜けて目街がしたのだろう


デリヘル嬢は乳首を擦って痛そう

後々から自分なりに解釈して継ぎ足している部分もあります。彼が表現していたことから、大きく逸脱はしないただ、僕自身はそんな可能性も認めつつも、やはりS君が伝えてくれた情報は貴重なものが沢山あると思っています。ですので、読者の皆様にも、ある程度寓話ファンタジーとして読んでいただいても構わないので、その上で、本当に自分にとって有益な情報ならば、それを生かしていただければ、と思います。
さて、話が本題から逸れてしまいましたが、オナニーについてです。そもそもオナニーあるいはマスターベーションと呼ばれる行為は、僕の中では、男性と女性ではかなり異なるものとして認識されていました。
この時のS君の言葉を聞くまでいや聞いてもすぐにそう理解できた訳ではありませんが男性のオナニーと言うものは、射精という快感を楽しむために絶頂に向かって、ただただ高めていくもの、というイメージでしたし、そのためにビデオや写真などの視覚的情報に頼ることにも、特に疑問を持ったことはありませんでした。ただ女性より男性の方が、そういう視覚的なイメージに刺激を得る傾向がある、ということは良く言われていましたし、どうしてそこに違いが出てくるのかな?と思ってはいましたが。そして女性がオナニーやオルガスムについていくという言葉で表現するものが、S君の言う宇宙旅行にイメージ的にとても近い感じがしました。
自分自身の乏しい経験では、男性のオナニーが宇宙旅行的なものになった覚えはありませんでした。そうすると、もしかしたら僕が男性のオナニーと思っているものは、間違っているのでしょうか?そして、この間違いが、つまり男女のオナニーを違うものにしている何かが、セックスにおける、男女間の問題の根本的な問題になっているのではないか?そんな気もしてきました。気になったのはS君が言っていたサルの動きについて、です。
そんなことを考えながら、このサルの動き、いわゆるピビストン運動というものはそれがオナニーの時であれ、セックスの時であれ基本的には、男性が自分の性器に刺激を加えて、快感を高め、射精を促すための動作をさします。S君自身
サルという言葉を使ったように、これは必ずしも人間に特有のものではありません。犬の性行為でも見かける、ごく自然な行為とも言えます。しかしS君にとっては、それは人間のセックス、オナニーにおいては自然な行為ではないみたいです。このことも、とても気になりました。例えば当時の僕でさえも、彼の女友達が言っていた「あんた以外の男は、皆腰振って自分勝手に果てるだけ。」という言葉が言わんとする事はなんとなく分かりました。男が射精という快感に拘りすぎると、セックスもコミュニケーションではなくて、一方的なものになってしまう。

  • エッチな体を見られるあ
  • デリヘルもリへレ取材でえた情報本物の女子高生風俗嬢
  • 風俗特殊営業として定義される店舗は一部の地域を除いて新規開業ができなく