Skip to content

工事ができません

Posted in 施工, and 賃貸

リフォームは可能

家づくりに当たっては

私が子どもの頃も、クラスの六十人中、五十人くらいは、夏休みになると「田舎」へ帰っていきました。私には田舎がないから、田舎へ帰る人たちを眺めながら、「いいなぁ」といつも思っていたものです。現在でも、お盆と正月には、多くの人々が、皆田舎へ帰ってしまう。それだけ東京は仮住まいに来ていると思っている人が多いし、言ってみれば体は東京にあろうとも、心はみんな田舎に置いてあるということに違い「美しい江戸」を破壊しつくした明治政府こういう原理が江戸の町をつくっていたのが江戸時代でした。それでは、明治維新のときに大きく様変わりしかし精神的なものはあまり変わらなかったと言えるだろうをしたかというと、と思うのです。たしかに見た目は変わった。

工事項目が考えられ

なぜかというと、新しい明治政府をつくった張本人が、薩長土肥という田舎の下級武士であった。いままで武家屋敷であったところを、文明開化しなければというので、徹底的に破却し、新式の屋敷である酉洋館に造り替えていった。当時は、はたしてそれが良いことであるか悪いことであるか、何も意識していなかったと思います。ひたすら酉洋風にすることが良いことで、旧来の行き方は良くないことだという単純な価値観しか持てなかったものでありましょう。現在でも革命組織やテロリストというものは、従来からのものをなんでも壊さなくては気が済まない。

 

建築におけるマクドナルドである

よね.有名建築と思い、母に告白するのをやめて、悔しさで目が潤んできながらも、一人でコッソリ直しました。母はいまだに知りませんが、私はそういう事が平気で出来る人間が信じられず、今考えただけでも腹が立ってきます。そしてあの時、私が時間を取ってでも、新潟まで出張して、私の手で塗ってあげればよかったと、私自身も後悔してしまったのです。しかし、これを機に、「見ていなくても手抜きされない方法」や、「どんな業者を選べばいいのか?」トにまとめて実証してきました.世の中には、さまざまな勉強会やセミナーがあり、リフォームに関する雑誌や情報が氾濫しています。が、この本では私の「騙された」実体験をもとに自ら実験体となり、実行してきた指南書です。

マンションシリーズ机上の空論ではない、生の情報を次の章からお話ししていきます。用意はいいです。業界の真実を知ると見えてくる解決策。母が被害にあった後、なぜ手抜きが行われたのか、深く考えました。考えていくうちに次のように仮説を立てました。そもそも継ぎ目の補修のやり方を知らなかった。

工事でしたが

強力な換気扇と洗面台、トイレにはこれさえあれば十分で、洗面所にも収納をしっかりと洗面所については、家の中に一つだけというのは、不便だと思います。たとえば、洗面所がお風呂の脱衣所を兼ねている、なんて設計の場合、もし、洗えないということになってしまう。誰かがお風呂に入ってしまって洗面所でカギをかけられたら、手もだから、二階建てならば各階に最低一つは必要でしょう。できれば、一階にはトイレと洗面所と風呂場を、二階にはトイレと洗面所をというように造り、さらにそれぞれのトイレの内部にも洗面台があるという形が望ましい。イギリスの中流以上の家では、たとえば二階に風呂場があると、一階にはシャワールームがあったりしてそのどちらにもトイレがついているという構造になっていることが多い。

住宅メーカーでは

暮らしのニーズに応えて行くこと誰かが風呂に入っていても、シャワーは使える。さらに、トイレに入れば、そこがシャワールームでもあるから、いわゆるウォシュレットのごときも事実上必要ないということになっています。そういうあり方がいいか悪いかはまた別問題です。が、生活の便宜上から考えれば、それぞれ二つずつぐらいあれば、それにこしたことはないと思います。風呂もトイレも洗面所もまた、洗面所には、必要な収納スペースをきちんと造っておくことも大切だと思います。